一般社団法人 日本マクロヘルス協会

健やかな暮らしについて、学び、考え、語り合う

教育・しつけ

Category
小学校入学前の生活で確認しておきたい【保育士さんが勧める】10のこと
就学前、ランドセルや文房具や体操服や手提げバックや……の準備も終わって、一息ついたころでしょうか。 でもまだ、小学校に入る前に、やっておいたほうがいいことがありますよ! ここで紹介するのは、保育園の先生から、最後の最後、3月31日付のお便りでいただいた内容です。 その当時(2年前)もありがたいなぁと思ったのですが、振り...
【連載1】赤ちゃんの肌荒れの悩み:保湿はしたほうがいい?
メルマガ読者さんとのオンラインお話し会で、ご質問をいただきました。 生後数ヶ月の赤ちゃんの、ほっぺたの肌荒れが気になるとのことでした。 プルプルすべすべであるはずのほっぺが荒れていると気になりますよね。 その気持ちわたしにも覚えがある……。 ここでは、自分に合成界面活性剤へのアレルギーがあるから、ケミカルな製品をできる...
おもち絵本おすすめ♪かがくいひろし『おもちのきもち』など
「おもちの食べすぎに注意」 子どものころ、そんな一言を年賀状に添えた記憶があります。 でもそれはあくまでも「定型文」であって、おもちがみんなの大好物だなんて印象はありませんでした。 ところが自分が親になり、子どもを持ってみると……。 みんな、これが、おもちが大好きなんですよー。確かに「食べすぎに注意」レベルだと思います...
親子に響く癒され絵本5冊:母は原点に還り、子どもは「表現」を獲得する読み聞かせ
読むたびに、ああ、いい内容だな〜と素直に思える絵本があります。 親が「良い絵本」と思って買うものが、必ずしも子どもにウケないのは定石です。 良書と分類されるような絵本が本棚の肥やしになって、アンパンマンやディズニーのようなキャラクターもののほうが人気があることってよくありますよね(キャラクターものを否定しようとは思って...
夜泣きに悩んだときに読む本:夜泣きしない子の育て方&古武術抱っこ
つい先日、2ヶ月ちゃんのアラフィフパパから子どもの夜泣きに悩んでいる話を伺いました。 おちおち寝てられないので、寝不足なんです、とのことで。 隣で奥さんがどれだけ眠れてなくても、基本旦那さんは平気で眠っていてムカつく。 という話を聞くほうが多いように思うのに、良いお話ですよね 🙂  フランス人の子どもが夜泣きをしない理...
子どもの長期休暇におすすめ スクラッチアート本:きょうだいげんかが減り、黙って一人遊びが増える♪
長期休暇の子どもが暇を持て余すとき。 親は大変ですよね。 どうやって過ごさせてますか? テレビのだら見よりは、一般にはDVDなど映像に、子守りさせるのがありがちかと思います。 教育的プログラムであっても映像には子守り以上の意味はない 映像に子守りをしてもらうにもいろんな意味で限界があります。 保育園の年長組の先生に、3...
『平均思考は捨てなさい』妊娠中〜就学中のすべての子どもの親におすすめ
公立小の教育を見ながら、子どもが小さいうちに読めて良かった!と思った本について書いてみます。 あまりに当たり前すぎて考えることもない、「平均」という考え方について書かれた本です。 乳幼児身体発育曲線に対する疑問、低出生体重児しか産めない母の実感として、私はいろんなところで書いているのですけど、「中央値の人はいない」って...
寝返り前のおむつなし育児
子どもの卒園イベント用に依頼があり、 昔の写真を探していると、出てきました! 新生児を過ぎて、でもガンガン寝返りする前の おむつなし育児写真。 今回は、寝返りしまくる前の赤ちゃんだと楽にできる、 おむつなし育児のやり方について書いてみます。 文字通りおむつをしない育児 おむつなし育児はおむつを使うのですが、 まだ寝返り...
おむつなし育児の始め方♪ちょっと大きくなったお子さん向け
少し前に、第一子ちゃんのママにお会いして 新生児期に始めなかったおむつなし育児を、 いつから始めましょう的な言葉を聞いて以来、 書こうと思ってました。 おむつなし育児は新生児期に始めるのが一番楽! というようなことは おむつなし育児はいつから? にも書きました。 でも、何かとハードな新生児期に、 さらに新しいこと始める...
初詣に☆神社での正しいお参りの仕方
お正月に出かけるところといえば、実家、親族宅。 家族単位の季節行事って大事ですよね。 うちでも毎年、定例化した正月行事があります。 親族宅にも顔を出しますが、 同じくらい子どもたちが楽しみにしてるのが、神社への初詣。 参道に沿って並ぶ屋台で飲食するのがお祭りっぽくていいらしい……。 正月早々ジャンクですか!と思いつつも...
一人称にみる子どもの発達
子どもは自分の名前で自分を呼ぶ 子どもは自分のことを、ひとに呼ばれる名称…… 自分の名前で呼ぶことが多いです。 いま年長さんの2番目は、 100パーセント自分の名前で、自分を呼んでいます。 小3の長女も、家の中では、ですが、 今でも一人称代名詞でなく、自分の名前で自分を呼ぶことがあります。 まあその場合は、家族に、親に...
学童どうする?:働くママが私立小学校を考える時に検討すべき事柄4選
少し前から、私立受験を検討している働くママから 相談を受けていて、一旦まとめます。 今から考えるなら、 来年度に年長さんになるお子さんを持つ親御さんか、 それ以下のお子さんを持つ親御さんが、ご興味あるかな?と思います。 1 誰の希望? 2 子どものタイプ 3 どういう系の学校に行く? 4 学童どうする? の順で書いてみ...
年末の忙しい時に助かる♪ 付箋を使った家事整理法
師走に入りました。 12月は忙しいですよね。 私は仕事柄、11月終わりくらいから、 どんどん忙しくなっていくのですけど 仕事なんて関係ないところで、 12月って、子どもにとって楽しいイベントが目白押し。 クリスマス。冬休み。お正月。 子どもたちの期待に叶うような、楽しい演出を考え、 そのためのこもごもを準備する必要があ...
台所育児のマストアイテム♪子ども用包丁
ここ3ヶ月ほど長女が目覚ましくお台所の腕を上げております。 とても助かっているので、書籍も出ている「台所育児」について 触れたいと思います。 台所育児とは 台所育児とは、読んで字のごとく、お台所の仕事を子どもと共有して 子どもの生きる力をイロイロ伸ばしましょう、という育児です。 You’re what yo...
子どもの聞き分けをよくする魔法の対応
子どもがぐずぐずした時にどうするのが有効か……? 親の対応の基本について書きたいと思います。 親はまず最初に、子どもの気持ちをきちんと受け止めてあげることが大切です。 そもそも対人関係の基本として、よく言われる事項だと思います。 でも日常で子どもと接しているとつい忘れがちで。 最近改めて、子どもの気持ちを受け止めること...