一般社団法人 日本マクロヘルス協会

健やかな暮らしについて、学び、考え、語り合う

一般社団法人 日本マクロヘルス協会から皆さまへ

マクロヘルス・マガジン

RECENT ARTICLES

オンラインお話し会@12月13日午前【無料です】

オンラインお話し会@12月13日午前【無料です】

基本、子育て世代向けの「らくなちゅらるなメルマガ」でしか告知しないお話し会なのですが、あと実質半日ほどで開催となる現時点で、試みにブログにアップさせていただきます。 今回はノーテーマ。 すでに参加表明してくださった方からは、 ・自然なお手当て(予防接種含む) ・子どもの教育環境について ・あふれる情報をどう見極めている...
スーツのシワ伸ばしときれいにプレス♪スチームアイロンなしでスチームをかける方法

スーツのシワ伸ばしときれいにプレス♪スチームアイロンなしでスチームをかける方法

シワのよったスーツは嫌だけど、いちいちクリーニングに出していたら、コストがかさみますよね。 それに、洗わないと傷む、洗えば洗うほど傷む、のはざまで、バランスを取るのが洗濯の基本。 シワくらいだったら、石油系の溶剤を利用するクリーニングを繰り返すよりは、おうちで伸ばせるのが理想です。 でもスーツのシワ伸ばしやプレスってと...
子どもと楽しむ二十四節気:立冬・小雪、冬に食べたいもの&足のマッサージ

子どもと楽しむ二十四節気:立冬・小雪、冬に食べたいもの&足のマッサージ

季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 11月7日頃から11月21日頃までの時期は、二十四節気の19番目、「立冬」にあたります。 11月22日頃から12月6日頃までの時期は、二十四節気の20番目、「小雪」にあたります。 今回は、この2つをまとめてみました。 立冬ってなに? 二十四節気...
サンタクロースって本当にいるんですよ!:3歳児がくれた答えと世界にちらばるサンタがいる証拠

サンタクロースって本当にいるんですよ!:3歳児がくれた答えと世界にちらばるサンタがいる証拠

そろそろ街の装いに、クリスマスがちらほらまじっています。 子どもたちも「何を頼もうかな〜〜」なんて、プレゼントを考え始める時季ですよね。 子どもが大きくなってくると、「サンタさんって本当にいるんだよね!?」と聞かれる機会も出てきて、回答の仕方が地味に親のテーマになってきます。 そんな親の引っ掛かりに、3歳児が、心から納...
子どもと楽しむ二十四節気:白露・秋分、秋の養生♪

子どもと楽しむ二十四節気:白露・秋分、秋の養生♪

季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 9月8日頃から9月22日頃までの時期は、二十四節気の15番目、「白露」にあたります。 9月23日頃から10月7日頃までの時期は、二十四節気の16番目、「秋分」にあたります。 今回は、この2つをまとめてみました。 白露ってなに? 二十四節気は太陽...
娘と読む大人のマンガ:教育的なものからエンタメまで、親子で読んで楽しめるもの9つ

娘と読む大人のマンガ:教育的なものからエンタメまで、親子で読んで楽しめるもの9つ

私がマンガが好きなので、わが家では、なんのかのと読ませてきています。 ここで紹介するのは、本当に親子で読んでいるものばかりです。 共通の話題になるし、マンガから学べることも多く、楽しいですよ! セレクト方針 (1)マンガらしいマンガであること。 今時は共有されない観点かもしれませんが、「紙の雑誌で連載されているマンガ」...
子どもの歯並びを矯正する前に、自然にできること

子どもの歯並びを矯正する前に、自然にできること

「子どもの歯医者どうしてますか?」とご質問をいただく機会、これまでに何度もありました。ご興味ある方の多い分野だと思っています。 こちらの文章は、メルマガで数ヶ月前に書いたものを、一部改変のうえ、転載しています。 転載はほとんどしていないので、ご興味持ってくださった方は、末尾にある登録フォームから、登録していただけると嬉...
子どもと楽しむ二十四節気:小暑・大暑、夏の土用&ぬかどこの作り方

子どもと楽しむ二十四節気:小暑・大暑、夏の土用&ぬかどこの作り方

季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 7月7日頃から7月22日頃までの時期は、二十四節気の11番目、「小暑」にあたります。 7月23日頃から8月6日頃までの時期は、二十四節気の12番目、「大暑」にあたります。 今回は、この2つをまとめてみました。 小暑ってなに? 二十四節気は太陽暦...
夏の栄養!スイカの浅漬け:食べ残しのスイカをギリギリまで食べきる方法

夏の栄養!スイカの浅漬け:食べ残しのスイカをギリギリまで食べきる方法

スイカ、そろそろ出回ってますよね。 その気になれば年中食べられますが、夏のスイカが一番美味しいに決まってる。 子どものころ、赤いところを残すともったいないし、でもギリギリまで食べてもきゅうりくさくて美味しくないし(成長してから「ウリ科」と知り納得でした……)と、迷ったことを思い出します。 今でも、残ってる赤いところがも...