一般社団法人 日本マクロヘルス協会から皆さまへ

マクロヘルス・マガジン

RECENT ARTICLES

運動不足を感じたら?座りすぎリスクと親子の健康&アンチエイジング【#1】
運動不足が気になって、運動しよう!と思いました。 子どもたちも、コロナの影響もあり、なんのかのと運動不足な気がします。 そんなとき、ママ友から、「親子で走っている」という話を聞きました。 それはいい! わたしも子どもといっしょに運動をしよう…… 🙂  でも、うちの場合は3人の子どもがいて、上の子と末っ子で、7歳の年齢差...
日本はどれくらいの大きさ?世界ランキングとプラスチックゴミ問題
「日本は小さい島国」というイメージをお持ちではありませんか? わたしたちが見慣れているメルカトル図法の地図を見ると、実際、日本は小さい印象です。 ところが、そう簡単でもないことがわかって……まとめてみました。   日本をヨーロッパの上に置いてみると… きっかけは、日本をヨーロッパの上に置いてみたときの驚きでし...
砂糖は強烈!歴史マンガ『アルテ』にみる調味料/娘と読む大人のマンガ2
最近娘と一緒に読み直して、以前から書きたい!と思っていた、その思いを新たにしました。 「娘と読む大人のマンガ」今回は一作品のみ。大久保圭さんの『アルテ』です。   『アルテ』はどんな作品? ルネサンス期のイタリアで、絵の職人になりたい女性アルテ(貧しいが貴族出身)が、いろいろ活躍するお話です。 女性が絵描きを...
2021年睦月日日雑記
ねずみは笑い、植物は動く:1月14日(木) 見かけて印象深かったので覚書です。 ねずみの声には、陽性感情をあらわす50kHzの高い声、陰性感情をあらわす22kHzの低い声があるそうです。 高い声の例として、笑い声があります。 「笑う」ことが確認されている動物は、人間、チンパンジーやゴリラなどの類人猿以外では、ネズミだけ...
からだにいい食べ物は食べればわかる?本能と食品添加物と食育
そろそろ寒いからか、からだが温まる食材がとてもおいしいです。 人間も動物だから、からだが必要とする食べ物は、食べればわかる…… と、言ってしまいたいところですが、実は、そんなに単純ではないみたいです。   からだにいい食べ物は食べればわかる? 小さな子どもはわかりやすいのですが、味の好み、食欲の程度、食べる早...
子どもの手本になるってどういうこと?親が知っておくべき子どもの特徴
家族で過ごす時間が増えた2020年、あっという間に新年を迎えた、という人も多いのではと思います。 ここで、2020年に痛感したことを振り返りたいと思います。   見本やお手本がないとどうなる? 新型コロナウイルスの感染対策で、休園/休校になった期間、大変な思いをした親御さんは多かったろうと思います。 わたしも...
歯医者さんによる「感染症・生活習慣病対策講座」を開きます
歯医者さんによる感染症対策講座、オンライン開催でない、久しぶりの対面開催です。 成田先生の講座は、人を動かす力がとても強くて、毎回感動します。 すべての参加者さんが自分ごととしてとらえ、質問してくださる講座って、あまりないと思うんですね。 一回の講座でえた知識が一生の健康にかかわります。 しかも実践そのものは無料で続け...
妊娠中のお手当てとは?おすすめのお手当てや妊婦の食事
妊娠・出産にまつわる記事は、別のところでずっと書いていて、こちらで触れる機会が減っていました。 そんななか、メルマガ読者の妊婦さんから、妊婦のお手当てについて、ご質問いただきました。 メルマガに書いた公開返信部分を、一部、ブログにもアップします。 (ちなみに、フラワーエッセンスやレメディへのご質問については、直接返信さ...
除菌ブームと衛生仮説:子どもの食物アレルギーについて
除菌がブームといわれたのは少し前の話。今はブームを超えて、消毒がデフォルトになっています。 除菌がまだブームの域だった2018年に、東京大学の公開セミナーで聞いた、子どものアレルギーの話を取り上げたいと思います。 (大学院農学生命科学研究科の村田幸久先生の講演を聞いた際の覚え書きをもとにしています。文責は筆者にあります...