一般社団法人 日本マクロヘルス協会

健やかな暮らしについて、学び、考え、語り合う

くらしのスタイル

マスクどうする?ハンカチマスクの作り方

マスクどうする?ハンカチマスクの作り方

マスク神話、という表現もありますが、マスクをしていたら済むわけではありません。

ただ、昨今エチケットとして必要な局面もあり……ということで、取り急ぎご紹介します!

ハンカチマスクの作り方

医療関係、飲食店、いろんなところで、品薄で困っているニュースがでています。

ほんとうに必要なところととり合ってもしょうがない。

エチケットの範囲なら、日々洗えるハンカチの、マスクでいいんじゃないですか?

そこで、ハンカチマスクの作り方。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

川辺株式会社(@intermode_kawabe)がシェアした投稿

お気に入りのハンカチを使えば気分もあがりそうだし、これ、すばらしいですよね。

ただちょっと気になるのが、耳にかける部分の長さの調整が、難しそうな気がすること。

すでに輪になっているゴムを使っていますから、ゆるいときや痛いときの、微調整ができない気がします。

 

ハンカチマスクの耳にかける部分を調整する

耳にかける部分は、かけてから調整できれば、好みのフィット感でつけられますよね。

布マスクの耳ひもで、細いゴムを利用して調整するものを見かけます。

ひもの適当な部分を、細いゴム(プラスチック的なもの?)でゆわえてあるんですよ。下のように。

それを応用すると、ひもタイプのヘアゴムを、細い、小さな子どもに使うようなヘアゴムでくくればいい。

そうしたら、耳にかけた状態で、布マスクのように、長さの調整ができますよ!

細いゴムって、無印でいうと、

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4548076779322

なタイプのものですね。

 

マスクのときも、鼻呼吸!

マスクをしていると、息苦しくて、口呼吸になることが多いはずです。

正しい呼吸の必要性は、下のような大人向け(大きな子どもに応用可)、乳児向け、幼児向け(3月開催予定が延期になりました。今後の日程はメルマガでお知らせします)と企画してきた、一連の呼吸の講座で、なんども実感しています。

お口の健康チェック!「歯医者さんが教えるお口の健康と呼吸の講座」を開きます

マスクをしていても、ちゃんと鼻で呼吸をしたほうがいい。

飛沫感染を防ぐためなら、たまに見かける、口だけマスクでもいいかもしれませんよね!

すると、上の動画のハンカチマスク、最後の、細いマスクを広げて鼻まで覆うプロセスが、ひょっとしたらなくてもいいかもしれないです。

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

執筆者について

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。一般社団法人 日本マクロヘルス協会理事。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

コメントはお気軽に ♪

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください