らくなちゅらるなジャーナル

自分に一番 “ちょうどいい” ナチュラルライフプランニング

乳幼児

乳児におすすめの「かくれんぼ」絵本3選

おすすめのいないいないばあ絵本について書いたので
「かくれんぼ」絵本についても書いてみます。

かくれんぼ絵本は参加型

かくれんぼは、子どもに探させるのがいいですね。
隠れたものの形を見つけられる、想像できるのも、
発達の結果なのだそうです。

見えなくてもここにいるよ〜〜っていうのを
わかりやすく見せてあげられれば
子どもにとっては大きな発見だったりするので、
とても楽しいのです。

「いないいないばあ」と同じですね。

そういうお家でできる大発見、
「見つけた〜〜!」に、
一番小さいうちから参加しやすいのは、やはりしかけ絵本です。

%e3%81%8b%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%82%93%e3%81%bc%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%91%e7%b5%b5%e6%9c%ac

しかけ絵本のかくれんぼ絵本

『ぴよちゃんのかくれんぼ』は、
1歳そこそこでもめくることのできる仕掛けなので、
小さいうちから遊んであげるといいと思います。

0歳児にもめくれると思いますよ。
ただまぁ、小さければ小さいほど、
破る率は高いです。だから、こういうのは、
借りないで買って
どんどん破かせて、貼ってください(笑)

本当に小さいうちから喜んで遊ぶので、ビリビリになってますが、こんな感じ。
変形版なので、全体を見せようとすると絵が見づらいですが、
しかけが気になる方は、ご参考までにご覧ください。

シンプルながら、いろんな隠れ方があります。
大小いろんなバージョンで、楽しいですよ。

小さい子向け定番かくれんぼ絵本

次に、『うずらちゃんのかくれんぼ』

どんなに上手に隠れたつもりでも、
うずらちゃんたち、むちゃくちゃ可愛いあんよが見えてますからねー。

そんなに複雑じゃないので、小さい子でも、簡単に見つけられます。
仕掛けで気を惹かなくても遊べるようになった時には
一度読んでみてあげてください。

 

そして、絵柄のポップさも合わせて
子どもにぜひ遊ばせたいのが『きんぎょが にげた』

いろんな絵の中に逃げたきんぎょが隠れています。

いちごになったり、おもちゃに紛れたり。
少し大きくなってくると、見つけやすいものも多いけど、
「鏡に映るきんぎょ」はなかなか難易度高いです。

このきんぎょをぜんぶ見つけられるようになったら、
ああ大きくなったな、と思いますね〜。

すると、次のレベルのお探し絵本に、
レベルアップしてもいいかと思います。
細かい絵柄の中に何かが隠れているタイプ、たくさんありますよ。

例えばこんなの。 ↓ ↓

こういうのが好きなお子さんだったら、
レベルもいろいろなので、
見繕ってあげるといいと思います!

子どもの認識のタイプを見極めて、絵本を選ぶ

わかりやすいので援用します。
子どもの認識には図鑑型物語型があるそうです。
どちらか一方に偏るという話ではなく、
どちらの認識も持っているけど、どちらかの傾向が強くなる。
という話。

男子は図鑑型の傾向が強い子どもが多く、
女子は物語型の傾向が強い子どもが多い

もちろん女子で図鑑型の傾向が強い子もいれば、
男子で物語型の傾向が強い子もいるので、
個性なんですけどね。

図鑑型の傾向が強いお子さんには、
細かいところから何かを探す絵本は
楽しいかもしれないし
(あるいは図鑑そのものでもいいかもですけど)、
物語型の傾向が強いお子さんは、
みっけ!的なものを与えられるより、
物語を読み聞かせて欲しいでしょうね。

大きくなってきたら、お子さんのタイプを見て、選んであげてくださいね。

 

“ちょうどいい”自然なくらしとお手当てアドバイザー
 望月 索 ☆ 

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)