らくなちゅらるなジャーナル

自分に一番 “ちょうどいい” ナチュラルライフプランニング

乳幼児

乳幼児への絵本読み聞かせ、ちょっとしたコツ♪

乳幼児に絵本を読み聞かせるときのコツ

ことばがあまりわからない乳幼児に読み聞かせるとき
意識すると、ちょっと楽しい点があります。

「息」です。

deep-breath

対話師の先生に教えていただきました。
小さな子どもは「息」を聞いているんだそうです。

だから、お母さんが上手に息ができている、
読み聞かせや歌は、とても良いのだとか。

子どもは息を聞いている

息だと指摘され、私は初めて、
オノマトペで構成される本の読み方がわかりました。
物語のないオノマトペの本って、
どうやって読んだらいいか、
付き合い方がわからなかったんです。

どちらかというと、つまらないなぁ、と^^

意味を伝えるでなく、
音を楽しんで読む。
息を伝える。

なるほどーと思いました。

子どもに、のびのび息ができている音を聞かせる

ともすれば呼吸って浅くなるから、
ちゃんと息が吐けている状態で
音を伝えられる機会ってあまりないですものね。

それ以来、オノマトペだけの本を、
のびのびと読めるようになりました。

おすすめのオノマトペ絵本

折しも、3番目の子は、オノマトペの絵本が大好きです。
有名なこの本を、一番愛しているのは3番目。

どの子にも一度は読んでますけど、
私自身が、物語のない絵本との付き合い方がわからず
字面だけ読んでいた時代より、
「気持ちのいい息」を届けるつもりで読んでいる今の方が
聞き手も楽しめているのではと思っています。

3番目には、今より小さい頃、
何度も何度も読んでくれとせがまれました。
「もっと」の手話でね^^)

そして、どの子も好きだった本が、下の本。
どちらも谷川俊太郎さんですね。
すごいですよね。

3番目に至っては、この本が、今一番のお気に入りです。
食事の支度中でもなんでも、
困るくらい持ってきては読まされます。

物語のないオノマトペ本ではありますけど、
この本の、アイウエオに則ったオノマトペは、
親にとっても、とっつきが良かった。

親がそうだからどの子も好きだったのか、
また、日本語の基本音は興味を持ちやすいのか
理由は不明ですが、
本当に、どの子も、この絵本は好きでした。

なんでちゃんとアイウエオじゃないのか、
親としては最初は不思議・・・というか
ちょっと不満(笑)だったんですけど、
オノマトペとしてはその方が楽しいし、
いろんな息遣いが入っている。

なので、今は、その違いを楽しんで読んでます。

で、それを、今、3番目は、
笑いながら聞いています。

笑いながらですよ!?

だぢづでどどど〜

とか、スッゴク面白いらしい。毎回笑います。

私自身が楽しんで読むように変わってますから、
子どもも聞いていて、楽しいのだとは思うのですが、
声を立ててウケていると、なんだか面白いですよね〜。

というわけで、読み聞かせる時に、
ちょっと「息」を意識してみてください。

物語を伝えようとするあまり、急いで読みすぎないで
子どもが楽しい読み方を、してあげられるように
なると思います 🙂 

“ちょうどいい”自然なくらしと子育てアドバイザー
 望月 索 ☆ 

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)