らくなちゅらるなジャーナル

健やかな暮らしについて、学び、考え、語り合う—— 一般社団法人 日本マクロヘルス協会 公式BLOG

小学生

自由教育と「生きる力」

長女は教科書のない小学校に通っています。
子どもは自主性を重んじられ、怒られません。

注意はちゃんとされますけどね 😉 。

先生の言う通りにみんなできれいに揃うための訓練、
「前ならえ」「回れ右」など、存在も知らないと思います 。

そういう、軍隊ちっくな教育はされてないのですけど、
体育は、読み書きそろばん並みに重んじられていて、
立ったまま背中を反らしていき、
そのまま床に手をついてブリッジ
立ちブリッジというそうです)とか
運動苦手だった長女はいつの間にか、
私がやったこともないような技が
できるようになっています 😯 。

 

側転が上手にできるようになったと、
最近道を歩きながら側転してます。
クラスのお友達女子は、バク転ができるようになったそうです。

小3だよ!? フツーの授業でだよ!?

すげぇ・・・。

こっそり公開してみます。この春、新入生歓迎会での様子。

容量足りなくて途中で切れちゃったんですけど。
ま、なんかごっついのはわかっていただけるかと。
こんな学校ですから、運動会とかも、自由で、面白いことになっています。

そういう一般性のない学校で、一般性のない
小学校PTA生活を過ごしてきましたが、
この土曜、近所の公立小学校の運動会に、次女連れて参加しました。

次女は近所の公立に行くことを検討中。
お友達大好きなので、ご近所に遊び相手がほしい。
彼女の資質によるところが大きい選択です。

子どもは親の願望を映すから、
う~~ん、3人いるから、公立も混じったほうが
費用的に助かるなぁ、といった大人の事情を
どこかで組んでのことではないことを祈ります。

途中でねーちゃんの学校に転校してもいいよ、
逆はやめてね、とだけ、言っています。

ねーちゃんの学校は宿題も少なく、とにかく自由なので、
そこを辞めて公立に移るのは、しんどいのではとフツーに思います。

でも、公立からあの学校に移ると、
かなり天国だと感じるようなので、
そのパターンは、ありだと思うんですけど・・・。

ま、ねーちゃんの学校は中に入ったこと何度もあるけど
近所は見たこともないわけだから、まずは中を見てみようよ。
ということで、運動会探検隊! だったわけです。

長女の学校の、
自由な国のオリンピック入場式みたいな
ま~縛られてない雰囲気は、ないだろうなぁと思っていたけど、
運動会が楽しそうなのは、どこも一緒ですね。

お祭りですし、
子どもは与えられた枠にはまりきるものでもないし
みんなとても楽しそうでした。

私も楽しかった!

201605280938000

ただ、パトロールの腕章をつけたPTAが、たっくさんいるのにびっくり。
じぶんが子どもの頃にはそんなパトロールなんてなかった気がするけど、

そんなに親がコミットしないといけないものなの?

私は本を作るのが仕事で、学習指導要領が変わる前後に、
何冊か、教師向けの本づくりにもたずさわりました。
なので、どういう考え方で、「指導」の世界が動くものか、
なんとなくわかっています。

が、なんだろう、このパトロールという、
どこに属しているのかよく分からない、指導形態は。
指導要領がうたう「生きる力」は育まれないんじゃないでしょうかね?

こういうパトロール活動に、旦那さんは絶対参加しない。
私は、参加できるだろうか……。

つーかたぶんそこに、カドの立たない「参加しない」オプションはないよね!?

軽く覚悟を決めた週末だったのでした^^

現代がどれだけ「大人が子供を監視しすぎている」か
統計の表で表した本も作ったことあります。

思い出しましたね・・・本当、窮屈そうです。
(探したけど思ったところになかったので、見つけたらアップします 🙂 

“ちょうどいい”自然なくらしとお手当てアドバイザー
☆ 望月 索 ☆ 

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)