らくなちゅらるなジャーナル

自分に一番 “ちょうどいい” ナチュラルライフプランニング

自然な手当て

葛根湯を飲む前に、本葛・葛粉で風邪に負けないからだ作り

葛根湯を飲む前に、葛で風邪を予防する

そろそろ寒くなってきたので、風邪の予防を考えたいところ。
今回は、これからの季節にぴったりの自然食材「葛」について
書いてみます。

葛には整腸作用があります。だから、免疫力の向上に役立ちます。
葛は体を内側から温めます。だから、寒さが原因の風邪の備えとなります。

ということで、今回は本葛(葛粉)を取り上げます 🙂 

%e8%91%9b%e7%b2%89

葛根湯でおなじみの葛

風邪をひいたら葛根湯……という人もいらっしゃるかもしれません。
落語に「葛根湯医者」というのがあるそうで

来る人来る人に漢方薬の一種である葛根湯を薦める医者がいた。

「頭が痛い? 頭痛ですね、葛根湯をおあがり。次は胃痛? 葛根湯をおあがり。今度は筋肉痛? 葛根湯をおあがり。次は…」
「先生、私は単なる付き添いですが」
「付き添い? 退屈でしょう、葛根湯をおあがり」

——Wikipediaより

笑っちゃいますけど、でもそんな感じで葛根湯を飲む人、たまにいますよね〜。

「葛根湯医者」のような葛根湯のとりかたにはもちろん問題があって 😉 
葛根湯は、いつ飲んでも効くわけではないそうです。

専門家の言によると、葛根湯は、風邪の初期に効くものです。
しかも、発汗作用があるので、早く汗をかいて治してしまいましょう系の、
「熱もあるけど寒けのほうが強い」風邪に、効果があるそうです。

つまり、熱っぽいけど寒けはない風邪とか、
夏の風邪には、葛根湯は向かないということです。

夏はただでさえ汗をかく季節。
もっともっと乾燥すると、からだはしんどいです。
肺が乾いて、咳が止まらなくなるそうです。

だから、秋口で、まだ乾燥に慣れていない時季は、
葛根湯に頼ると、肺が乾いて風邪が慢性化して、
冬にもっと重い風邪をひく原因になるかも?

漢方では、そういう時季は、
解毒作用のある「銀しょう散」などをすすめるそうです。

乾燥に慣れてからの秋以降に、
葛根湯が活躍するというわけですね!

葛根湯には「葛根」の字の通り、葛の根が含まれています。
「葛根」の現代医学的な効能をあげると、
「発汗・止渇・鎮痛作用。肩の筋肉を緩める」となります。

ここではあまり漢方薬に踏み込まず、
「葛には発汗作用がある」→ 葛は体を温める
というところに注目したいと思います。

葛根湯には葛根以外の成分(麻黄など)も加えられているので
葛粉には葛根湯のような効果・効能はありません。
が、葛粉も同じ、マメ科の野草「葛」の根からできています。

東洋医学的にいう葛根湯の作用、
体を温めながら発汗させ、これによって『風寒』の邪を体外に追い出す」作用は、
葛そのものにも、おだやかに備わっているんですね。

漢方薬のお世話になる前に、
葛を生活に取り入れて、風邪を防いでみませんか。

葛は腸を整える

マクロビオティックではよく言われていますが、
葛には整腸作用があるそうです。
体を温める作用はもちろんのこと、

保温・保水にすぐれたおなかの回復薬。(中略)
くずのでんぶん質の、きめ細かいなめらかな粘りけが腸壁をやさしくおおい、腸の荒れを防ぐと同時に、からだに必要な水分や養分をとどまらせて(中略)くれます。

——「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」より

陰陽でいえば、葛粉は中庸から弱陽性のパワー。
中庸に近いのだったら、あまり気にせず、生活に取り入れやすい食材ですよね?

腸に優しい食材は、免疫力を上げたい人の強い味方です。
免疫細胞の約7割は腸に集中してるんですって。

だから、腸をいたわって温めれば、風邪をひきにくいからだになるんですね。

片栗粉でなく、葛粉を料理に使う

で、生活への葛の取り入れ方です。
一番簡単なところでいうと、
片栗粉でなく、葛粉を料理に使いましょう!

ね、簡単でしょう?

寒くなってくると、からだを温める料理を食べたくなりますよね。

とろみをつけたい機会も増えると思うのですが、
そのとろみを、片栗粉でなく、葛粉でつけてみてください。

使い方は片栗粉と同じです。
適量を水に溶いて、加熱すればいいだけ。

スープを作るときにも、ほんの少しのとろみづけに、葛を溶きましょう。
冷めづらくなるし、冷える時季のとろみは
なんだかやさしくて嬉しい。
生姜パウダーとかもあちこちに忍ばせるとなおいいです。

葛粉と片栗粉の違い

葛の方が、片栗粉よりも保水効果が強いので、
時間をおいても水っぽくなりません。
そういう意味では、葛あんを使ったものは、お弁当にも向いています。

また、片栗粉には、からだを冷やす作用があるんですね。

冷やす片栗粉を温める葛粉に変えるだけでも、
いろんな料理が風邪ひき予防のやさしい食事に変化しますよ。

葛粉を選ぶときの注意点

気をつけたいのが、葛を選ぶときのポイント。

葛といいながら、片栗粉を混ぜているものもあるそうです。
ちゃんと混ぜもののない、100%の葛を選んでください。

裏側の原材料を見ていただいてもいいのですけど、
葛粉でできているものは、おおむね「本葛」と書いてあるはずです。

私は、いつも下の葛を使っています。
どこまで混ぜものが入っているか、
気にするのは面倒臭いので、
基本食材は、定番を決めちゃうのがいいですね。
これが、わが家の定番です^^

 

葛で腸を整えて、免疫力をアップしよう。
葛で体を内側から温めよう。
というおはなしでしたー。

簡単なので、お試しくださいませ!

参考文献

“ちょうどいい”自然なくらしとお手当てアドバイザー
 望月 索 ☆ 

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)