らくなちゅらるなジャーナル

自分に一番 “ちょうどいい” ナチュラルライフプランニング

自然な手当て

お熱の手当て2:食べ物で熱を下げる

第1大根湯

第1大根湯は、鉄板です。
昨日書いた、「病人食」のくずリンゴ
お食事なので作り方は適当でいいですが(いいのか?)、
熱を下げるための大根湯は、
本当に効くので、
きちんと書物に習ったほうがいいです。

第1大根湯

分量を、引用しますね。

第1大根湯

専門的な話をすると、第1大根湯は、
陽性の熱(夜の2時にピークになる熱。赤い熱)に向いていて、
陰性の熱(昼の2時にピーク。青い熱)の場合は、飲まないこと。

上のレシピは、子どもの場合、体重比で量を減らします。

写真と分量は、以下の本から引用しました。
この本は写真が多くて、索引がしっかりしていて、ものすごく実用的です。
1冊あれば、マクロビオティック系のお手当てで迷うことは
なくなると思います。
心からおすすめします。

一慧の穀菜食Book/手当法
価格:2160円(税込、送料別)

同様の趣旨で、今風のデザインなのが、下のもの。
著者というか編集というか、が、同じ布陣なので、
良いと思います。
でも、上の本の方が、個人的には、オトク感が強いです 😉 。

梅醤番茶

あと、子どもが飲むようなら、梅醤番茶
わりと気軽にあげてもいいと思います。

分量
潰した梅干し 中1個分
醤油 小さじ1と1/2〜2
生姜の絞り汁2、3滴
三年番茶150〜200cc

この材料を、混ぜていけばいいのですが、
きちんとした作り方は、同じく、上の本で。

子どもの症状はややこしくないことがほとんどですし
梅干しをつき崩すのも、三年番茶を沸かすのも、
小さな子どもが病気の時には割とハードル高いです。

だから、下のような市販品を
お湯にといてあげるのでも、いいと思いますー。

豆腐パスター

そして、食べ物だけど口にしない編。

豆腐で冷却用湿布を作るんです。

額用なら、ちゃんと水きりすれば、
木綿豆腐をペタッでもいいのですけど、
使いたいと思ってから、
豆腐の水をきってられるような時間は、
はっきり言って、だいたいありません。

だから、後頭部用の生姜(と小麦粉)を混ぜたバージョンを
アレンジしています。
上でお勧めした本に、きちんとした作り方が
書いてあるのですけど、私はもっと大雑把です。

1 豆腐を水きりもせずにお皿で潰す。
2 さといも粉を混ぜる
3 キッチンペーパーとかガーゼとか、手近なもので包む
4 子どもの額に貼る

本当は水をきったり、
生姜をすりおろして混ぜたりするんですけどね。
水きる手間を惜しむ、時短手当てでございます。

自慢できない……(笑)

実は、このさといも粉が優秀で。

無双本舗 さといも粉・徳用 700g
価格:1944円(税込、送料別)

「保水作用のあるサンゴカルシウム粉末」とかいうのが入っていて
それのおかげか、この粉をちょっと加えるだけで、
豆腐を水きりしなくてもOKなんですよ。

また、さといも粉には最初から生姜も入ってるので、
生姜をすって豆腐と混ぜる、といった
ひとてまがいらないんですね。

きちんと生生姜を使ったほうが、効き目は強いように思いますが、
もともと子どもには豆腐パスターは強すぎるので、
青菜の枕や里芋パスターが薦められたりするから、
里芋パスターの素を、最初から混ぜちゃっていいと
私は思ってます。個人的に。

保水力が強いおかげか、
ティッシュで包むだけでもなんとかなったりしますー!

熱出してる子どもはそばを離れると嫌がるので、
むっちゃ急いでべちゃべちゃのやつ作るより、
簡単だし扱いやすいですよ。

で、実際熱は下がるので、冷却用シート使うよりいいと思う。
市販のシートは、病気の子どもに使いたくないようなものも
含んでるから。

マクロビオティックをきちんとしている方、
お怒りにならないでくださいね^^。
私の “ちょうどいい” は、楽ちん手間なし、の追求なんです。

“ちょうどいい”自然な暮らしとお手当てアドバイザー
 望月 索 ☆ 

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

この記事の、続きはこちらです
発熱の意味と、病院に連れていくタイミングについて
書いています。

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)