手当て ( 2 )

Tagged
おたふく風邪の手当て:ワクチンを接種しない場合のリスク
はしかの次は、おたふく風邪がわが家に上陸しました。 Macの手当てにわたわたしている間に、娘のおたふく風邪のお手当てもあったわけです。 保養中におたふく風邪を発症した男子がいたので、その子からいただけたかな、と思っています。 発症したのは、今のところ第一子だけ。 国立感染症研究所の情報によれば、 2~3週間の潜伏期(平...
ワクチンを打つ前に:はしか(麻疹)の予防接種を通して考える
一歳児がはしかにかかりました。 と、思います。 これまで、 インフルエンザ、 ウイルス性胃腸炎、 扁桃腺炎、 とびひ、 結膜炎、 水疱瘡、 中耳炎 などなど、薬を用いず、自然治癒させてきました。 私の病気も含みます。 子どもの症状である場合、 どれも、決して特殊に苦しませてないことを 追記したいと思います。 そんなこん...
お熱の手当て4:イトオテルミー
テルミーは自然療法ファンの強い味方 これがないと私は、 「子どもを守る自然な手当て」に自信がないというくらい テルミーは欠かせません。 持っていないと使えない、という意味では 書くのに迷うところもあるのですが いいものはいいので書いてしまいました。 助産院でお産をなさった方には、ご存知の方が 多いかもしれないですね。 ...
お熱の手当て3:病院に連れていくタイミング
熱を出さないと治らない 今ちょうど旬だったので、 熱を下げる話を書いてきましたが、 お熱そのものは悪いものではありません。 以下、小児科医の先生のご本からの、引用です。  熱とはどんなもので、どのようなはたらきをするのでしょうか。発熱は病気ではなく、 体温の上昇であり、たいていはウイルス性感染もしくは細菌性感染への反応...
子どものお熱の手当ての基本
大人の熱も、もちろん同じやり方で下がりますが 大人、というか自分の熱に関しては、 もう効率が良くなりすぎていて、 あえて書く必要もないので それでも三人三様の試行錯誤のある、子どもに照準します。 子どもの熱を下げるお手当てはたくさんある 熱を下げるには、ほんと~にいろんなやり方があります。 そういう意味では、熱を下げる...
妊婦におすすめの治療院は?
奈良在住なのですが、妊婦の間に受けるべきお手当て(鍼灸や整体などなど)を施していただける、 おすすめの治療院を教えて頂けると嬉しいです。 (妊婦さん、お手当しましょう!と望月さんが書かれ ていて確かに受けたほうが良いだろうと思いまして… でも今から探し回るのは不可能かもしれないと思いまして… お忙しいところ恐れ入ります...