一般社団法人 日本マクロヘルス協会

健やかな暮らしについて、学び、考え、語り合う

二十四節気

Tagged
子どもと楽しむ二十四節気:立夏・小満、夏のはじめに夏野菜を冷えずに食べる方法
季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 5月5日頃から5月20日頃までの時期は、二十四節気の7番目、「立夏」にあたります。 5月21日頃から6月5日頃までの時期は、二十四節気の8番目、「小満」にあたります。 今回は、この2つをまとめてみました。 立夏ってなに? 二十四節気は太陽暦の1...
子どもと楽しむ二十四節気:晴明・穀雨、春の土用
季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 4月5日頃から4月19日頃までの時期は、二十四節気の5番目、「清明」にあたります。 4月21日頃から5月4日頃までの時期は、二十四節気の6番目、「穀雨」にあたります。 一個ずつ分割して書くつもりで始めたのですが、いろいろ資料を見るにつれ、そこま...
子どもと楽しむ二十四節気:春分
季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 3月21日頃から4月4日頃までの時期は、二十四節気の4番目、「春分」にあたります。 春に太陽がちょうど真東から上り、真西に沈む日が、昼と夜の長さがほぼ同じ長さになる「春分」の日。 春分の日から昼の長さのほうが長くなっていくのですが、本当に昼と夜...
子どもと楽しむ二十四節気:啓蟄(けいちつ)
二十四節気は太陽暦の1年を24等分したものです。詳しくは立春の項を参照。 二十四節気の3番目は、啓蟄(けいちつ)。3日6日頃に始まります。 これは今のカレンダーでも季節感が近いからか、よく触れられますよね。 啓蟄ってなに? 3月5日または6日頃から、春分 (3月 20日または 21日)の前日までの約 15日間にあたりま...
子どもと楽しむ二十四節気:雨水
昔の人が使っていた月の満ち欠けに基づく暦では、新月の日が1日、と決まっています。 月は平均 29.53059日(1朔望月)の周期で規則正しく満ち欠けするので、月がもたらす日付は、お日様がもたらす1年の感覚(季節感)と、どんどんずれていきます。 ですので、日付以外に参照する暦……太陽の1年の動きに基づいた「二十四節気」が...
子どもと楽しむ二十四節気:立春
二十四節気で一年を追ってみようと思った理由 今は立春です。 2月4日頃から15日ほど続きます。 独身の頃はカレンダーなんて使いませんでした。 必要なのは手帳。「暦」的なものは、仕事やプライベートの予定調整のためにのみ、使うものでした。 妊娠して初めて、月の満ち欠けを記載したカレンダーの存在を知りました。大潮など、出産に...