らくなちゅらるなジャーナル

自分に一番 “ちょうどいい” ナチュラルライフプランニング

daily

スーパームーンとアファメーション

月が大きいですね!
2016年11月14日はスーパームーン。
68年ぶりに月と地球の距離が最接近するんだそうです。
次の機会には私生きてないですね。

関係あるのかないのか、ここ数日1歳児がすこぶる元気。
私もみょうに元気です。

狼男のように、月の影響を受けているのかしら?と思い、
もうすでに本日ですが!
お月様について書いてみようと思います。

mooncycle

スーパームーンとは

スーパームーンとは、天文学ではなく、占星術に由来した用語なのだそうです。
簡単な定義を言うと、

スーパームーン (Supermoon) とは、満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。 

Wikipediaより

本日最接近するスーパームーンは、牡牛座の満月。
私は牡牛座なので、うわー、何かが高まるはずだわ〜。と思わず納得してしまいました。

私個人はそんなにスピリチュアルな素養はないのですが、
3人ぶん自然なお産を心がけると、お月様はある意味
身近なものになっています。

新月や満月の時にお産は増えますものね。

そんなこんなで、月の暦を参照する機会もあり、
月を利用したアファメーションなども
面白がってやってみたことがあります。

月に願いをかけるやり方

約28日周期で、月の満ち欠けに合わせ、願いをかけます。
簡単にまとめると、

1 新月に願いをかけます(新しいことをスタートします)。

2 新月から満月に向けた約2週間は、願いが叶うよう(始めたことがうまくいくよう)、前向きに働きかけます。

3 満月はその願いの完成をみるとともに、振り返る機会。方向性を変えたり、いらないものを手放す日になります。

4 満月の翌日から次の新月は、新しく計画を練ったり、心身のデトックスをしつつ、次の新月の願かけに備えます。

スーパームーンをきちんと活用するなら
この前の新月に願かけすべきでしたが、
今更無理なので。

でもせっかくだから、
14日は手放したいものを紙に書き出して、
一つ一つさようならをしたいと思います。

そもそも日々に追われて何を手放していいかもわからないので
書き出すだけでも有意義だろうと思います〜。

以前、クンダリーニヨガの取材をした時に
両手のひらで器を作り、
その中に体の中から息とともにいらないものを吐き出し
天に向かって繰り返し差し出す、
といった仕草のヨガをしたことがあります。

紙に書き出す隙間がなければ、
手のひらのボウルに吐き出し、何かを月に返してみようかな。

長女は好きだと思うので、今晩、月を見る前に、教えてあげよう。
本日娘はお休みなので。
ランチに行く約束をしていて、その時の話題に
ちょうどいいかもですね。

“ちょうどいい”自然なくらしとお手当てアドバイザー
 望月 索 ☆ 

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)