らくなちゅらるなジャーナル

健やかな暮らしについて、学び、考え、語り合う—— 一般社団法人 日本マクロヘルス協会 公式BLOG

本・マンガ・絵本

子どもの夜泣き、強情は冷えのせい?:秋のお手当て

子どもの夜泣き、強情は冷えのせい?:秋のお手当て

冷えてきましたね。

秋の長雨とはいいますけど10月も半ば過ぎてこれでは、雨で冷えているのか、秋で冷えているのかわからなくなります。

急に冷え始めると同時に、うちでは、子どもたちの機嫌が悪くなり始めました。

1人目は無茶苦茶口が悪いし、3人目が強情になりがちです。

すると相対的に、学校給食になかなか慣れず、機嫌が不安定だった真ん中が(まあ給食にも慣れてきたのだと思いますが)、いい子に振る舞ってきます。

子どもって、きょうだい全体を見ないとわからない振る舞いをするよなあ。
これは、親に対して他のきょうだいとは違う自分をアピールできる振る舞いを、ポジティブネガティブ問わず、子どもは選ぶってことだよなぁ。
それにしても上と下になんか変なもの食べさせてるっけ。

と考えていて、ふと思い出しました。

この季節、冷えと子どもの機嫌が関係するのではなかったっけ。

ということで、以下を読み直し。

「整体的子育て」に教わる秋の変動

冷えも、子どもの機嫌に関係あるんです。もちろん大人もですけど。

以下、山上亮先生の、『整体的子育て』の「秋のからだ」より引用です。

秋も、春とならんで、体がもっとも変化する時期。冷え込むにつれ、開いていた後頭骨、肩甲骨、骨盤が閉じていきます。この時にからだを冷やしたりすると、からだのねじれの原因に。このねじれは腎臓や膀胱などの泌尿器と深く関わっているため、腎臓のあたりに温湿布をすると体調が良くなります

ふんわり閉じないと、ねじれる、というのは感覚的にわかりますよね。

せっかくなので腎臓に巻きつけられるタイプのぬか袋を当てると、ちょっと元気になりました。

「冷えが体に及ぼす影響というのは予想以上に大きくて、風邪をひいたり、腹痛を招いたりするのはもちろんのこと、心理的な変動としても、急な不安や、強情、夜泣きといった現象を引き起こすことがあります」

うーん。冷えが入るとからだもねじれるけど、心もねじれるのかぁ!

夏の流れで油断してるけど、やっぱり冷えは、いろんなレベルでいけないなぁ。

【参考文献】

大人の腎臓を温めるにはこんにゃく湿布

腎臓の温湿布は、大人にはこんにゃく湿布が最強かと思います。

こんにゃく湿布の作り方

1 こんにゃくを2丁、切らないで、沸騰したお湯で10分くらいグラグラ煮ます。

2 ざるにあげて水気をふき(*これ大事。服が濡れると冷えるから)、さらにタオルで包みます。

3 うつ伏せで寝て、腎臓の位置、左右一個ずつにこんにゃくを置くのが理想。寝てる暇がないときは、ストッキングに入れたり、なんでもいいので、腎臓の位置に縛り付けて活動します。

子どもの腎臓を温めるには

子どもの場合、大人しくうつ伏せも縛り付けるのも難しいので、こんにゃくで温湿布は難しいだろうと予想します。

ぎゅーと抱きしめついでに、腎臓の位置に手を当てるのをちまちま繰り返し、温めてあげるのが現実的かなと。
気持ちいいと、一瞬止まって、ゆっくり温めさせてくれるかもしれないです。

子どもはその一瞬で効いたりするからすごい。
心にも、冷えでねじが入っている場合、スキンシップは別の意味でも効果あると思います^^。

テルミーをお持ちのかたは腎臓の位置にかけてあげればいいですね。

子どもの冷えとり靴下について、以前下記でご紹介しましたけど

http://macro-health.org/how-to-heal-otafuku-kaze/

冷えとりの話題でなく、なぜかおたふく風邪の手当ての記事に靴下の紹介が入っています……。

冬に備えて少しずつ、子どもの「強情」の手当てをしていきたく思います~。

 望月 索 ☆ 
自分に“ちょうどいい”から気持ちいい。
らくなちゅらるライフプランナー

 

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)