一般社団法人 日本マクロヘルス協会

健やかな暮らしについて、学び、考え、語り合う

乳幼児

おもち絵本おすすめ♪かがくいひろし『おもちのきもち』など

おもち絵本おすすめ♪かがくいひろし『おもちのきもち』など

「おもちの食べすぎに注意」

子どものころ、そんな一言を年賀状に添えた記憶があります。

でもそれはあくまでも「定型文」であって、おもちがみんなの大好物だなんて印象はありませんでした。

ところが自分が親になり、子どもを持ってみると……。

みんな、これが、おもちが大好きなんですよー。確かに「食べすぎに注意」レベルだと思います。

年末や新春ともなると、小学校や園や地域で、お餅つきの機会も目立ちます。

ここでは、そんな愛すべきおもちを、絵本でご紹介します!

(1)『おもちのきもち』かがくいひろし作

丸くても四角くても、えてしてぷっくら可愛いおもちのはずが、この絵本のおもちはいろいろ嫌がっています……。

今はかがみもちとして大事にされているけど、いつ食べられてしまうのだろうと戦々恐々。

杵でつかれて作られるというおもちの製法そのものが、おもちにとってはなかなかハードな体験なわけで。

そのうえちぎられ、最悪だとねばねばなっとうをつけられたりするのもたまらない!

いやだから、うにょーんと足を伸ばして逃げ出すあたりで、すでにおもちのすがたではありません。

そのあとの展開は、ぜひ絵本で読んでいただければと思います。

まーるく落ちがつくあたりが只者ではない絵本です。

かがくいひろしさんといえば「だるまさん」シリーズ

『おもちのきもち』の作者のかがくいひろしさんは、だるまさんシリーズでご存知の方が多いかと思います。

だるまさんシリーズは2008年1月に刊行開始。

一方『おもちのきもち』は2005年、第27回講談社絵本新人賞を受賞した、かがくいひろしさんのデビュー作です。

プロフィールを拝見して改めて驚いたのですが、50歳でデビューされてたんですね。

特別支援学校の先生として28年間、教壇に立ち続けたのち、2005年、50歳で遅咲きの作家デビュー。累計570万部を突破した「だるまさん」シリーズなど、乳幼児を大笑いさせる作品を次々と生み出したものの、わずか4年で急逝した絵本作家だ。

好書好日(https://book.asahi.com/article/11730413) より

振り返れば、私が第一子を産んだあと、絵本の世界にぼちぼちなじみ始めた頃に、だるまさんシリーズ第1作が新刊として刊行されました。

その、なんというか大変フレッシュな驚きのあと、どんどんかがくいさんの本を見かけるようになり、図書館には『だるまさんが』の大判絵本がいつの間にか入っているし、目立つ作家さんだったので、まさかたった4年の活動期間でいらしたとは思いませんでした。

最後の絵本が『がまんのケーキ』。あの絵本が最終作だなんて、本当にびっくりです。

『がまんのケーキ』のケーキにも、独特の魅力があります。

こいたろうくんとかめぞうさんがケーキを食べるのをガマンするすがたが、とにかく可愛く面白くて、そのあまりに激しいガマンぶりを見ることで、ケーキがさらに美味しそうに見えるという……。

まさか絶筆でらしたとは思いませんでした……。

どこまでいっても、一筋縄ではいかない、絵本を書き続ける才能が、心から惜しまれます。

(2)『おもち!』石津ちひろ・文/村上康成・絵

おもちはペッタンつくものですが、この絵本では、擬音がすごく生きています。

言葉遊びやオノマトペを楽しむお子さんにはぴったりですね。

石津ちひろさんといえば『くだものだもの』シリーズ

文章担当の石津ちひろさんは、『くだものだもの』『おやおやおやさい』などで有名。

『くだものだもの』のシリーズは、作画に注目して別の記事にしています。ご興味ある方は、以下の記事をお読みください。

文化系ママも嬉しい☆本当に子どもが喜ぶおすすめ絵本30選

ここでは、文の魅力にはまったお子さんに、おもちの絵本もいかがでしょうか。

メールマガジン【無料】始めました♪

自分にちょうどいい 「なちゅらる」が いちばん「らく」です。

そんな「らく」が見つかるメルマガを、週に1回配信します。

忙しいあなたこそ、からだも心も楽になりますよ。
ブログには書けない、 ぶっちゃけトーク及びマニアックトーク(自分では自覚がないのですがそういう評判です)もお送りしますので、ぜひお気軽にご登録ください^^

今のところ、金曜午前9時の配信を考えています。

あなたに読んでいただけますように……

※ 登録完了メールがすぐに届かない場合は
迷惑メールフォルダ、
ソーシャルフォルダを
ご確認くださいませ。

執筆者について

Profile image
本やムックの編集者、時々ライター。一般社団法人 日本マクロヘルス協会理事。37歳、40歳、44歳で3人の子を出産した高齢出産ワーキングマザー。編著に『子どもを守る自然な手当て』、企画・翻訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』『親子で楽しむ おむつなし育児』など。大人向けのノンフィクションや小説、実用書、児童文学、絵本など、多くの出版物を編集・製作中。趣味はマンガ読み。

コメントはお気軽に ♪

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください