一般社団法人 日本マクロヘルス協会

健やかな暮らしについて、学び、考え、語り合う

くらしのスタイル

Category
子どもと楽しむ二十四節気:小暑・大暑、夏の土用&ぬかどこの作り方
季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 7月7日頃から7月22日頃までの時期は、二十四節気の11番目、「小暑」にあたります。 7月23日頃から8月6日頃までの時期は、二十四節気の12番目、「大暑」にあたります。 今回は、この2つをまとめてみました。 小暑ってなに? 二十四節気は太陽暦...
夏の栄養!スイカの浅漬け:食べ残しのスイカをギリギリまで食べきる方法
スイカ、そろそろ出回ってますよね。 その気になれば年中食べられますが、夏のスイカが一番美味しいに決まってる。 子どものころ、赤いところを残すともったいないし、でもギリギリまで食べてもきゅうりくさくて美味しくないし(成長してから「ウリ科」と知り納得でした……)と、迷ったことを思い出します。 今でも、残ってる赤いところがも...
食パンで時短デコおやつ♪雪うさぎロール
子どもの体調が今ひとつの時に、ちょっとデコったおやつを取り急ぎ作る必要が出てきました。 お題は「かたつむりロール」。 市販のロールケーキとプリッツで、かたつむりを作るというコンセプトらしい。 この体調でそれ食べたら確実に調子崩すなーというタイミングでしたので、代わりとなるものを持たせようと思いました。 時間がない。材料...
子どもと楽しむ二十四節気:立夏・小満、夏のはじめに夏野菜を冷えずに食べる方法
季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 5月5日頃から5月20日頃までの時期は、二十四節気の7番目、「立夏」にあたります。 5月21日頃から6月5日頃までの時期は、二十四節気の8番目、「小満」にあたります。 今回は、この2つをまとめてみました。 立夏ってなに? 二十四節気は太陽暦の1...
子どもと楽しむ二十四節気:晴明・穀雨、春の土用
季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 4月5日頃から4月19日頃までの時期は、二十四節気の5番目、「清明」にあたります。 4月21日頃から5月4日頃までの時期は、二十四節気の6番目、「穀雨」にあたります。 一個ずつ分割して書くつもりで始めたのですが、いろいろ資料を見るにつれ、そこま...
子どもと楽しむ二十四節気:春分
季節感を昔ながらの暦から味わってみようと、今年は「節気」に注目しています。 3月21日頃から4月4日頃までの時期は、二十四節気の4番目、「春分」にあたります。 春に太陽がちょうど真東から上り、真西に沈む日が、昼と夜の長さがほぼ同じ長さになる「春分」の日。 春分の日から昼の長さのほうが長くなっていくのですが、本当に昼と夜...
子どもと楽しむ二十四節気:啓蟄(けいちつ)
二十四節気は太陽暦の1年を24等分したものです。詳しくは立春の項を参照。 二十四節気の3番目は、啓蟄(けいちつ)。3日6日頃に始まります。 これは今のカレンダーでも季節感が近いからか、よく触れられますよね。 啓蟄ってなに? 3月5日または6日頃から、春分 (3月 20日または 21日)の前日までの約 15日間にあたりま...
子どもと楽しむ二十四節気:雨水
昔の人が使っていた月の満ち欠けに基づく暦では、新月の日が1日、と決まっています。 月は平均 29.53059日(1朔望月)の周期で規則正しく満ち欠けするので、月がもたらす日付は、お日様がもたらす1年の感覚(季節感)と、どんどんずれていきます。 ですので、日付以外に参照する暦……太陽の1年の動きに基づいた「二十四節気」が...
子どもと楽しむ二十四節気:立春
二十四節気で一年を追ってみようと思った理由 今は立春です。 2月4日頃から15日ほど続きます。 独身の頃はカレンダーなんて使いませんでした。 必要なのは手帳。「暦」的なものは、仕事やプライベートの予定調整のためにのみ、使うものでした。 妊娠して初めて、月の満ち欠けを記載したカレンダーの存在を知りました。大潮など、出産に...
新年に子どもを連れて行きたい場所5選
年も押し迫ってまいりました。 お正月はお正月らしいお出かけもしつつ、冬休みにちょっと行楽を混ぜてあげれば、子どもは嬉しいですよね。 行楽地という考え方が成り立つのかどうかわかりませんが、新年に子どもを連れて行きたい場所いくつか~! 1 初詣(神社) 季節行事って大事です。初詣は家族行事にしています。 子どもに、お参りの...
食べ過ぎで胃腸が疲れる時季におすすめ:お腹に優しい冷えない朝食
ごちそうに接する機会が増え、消化に疲れる季節です。 食べ疲れた後に、食べるか食べないかの判断に迷う理由 うちの旦那がよく言います。 「昨日の夜中に●●食べて、胃の調子がおかしい。何か食べた方がいいのかな」 それは違うでしょう、と、いつもツッコミます。 自分に関してもよく観察してみると、胃腸の調子に鈍感な生活を続けている...
子連れ帰省&旅行前に、荷づくり&子どもを飽きさせない工夫17選
長期休暇や連休に、帰省や旅行はつきものです。 でも子連れで移動するのって、本当に大変。 子どもも疲れますけど、親の疲れも切実ですよね。 こないだ初めての3人子連れの海外移動(飛行機ばかりか船にまで乗ったので、1日仕事でした・・・)をやりましたけど、国内でも、5〜7時間クラスの移動ってこれまでになんどもやっています。 自...
カオハガン島への親子旅♪ フィリピン、セブ島沖の「何もなくて豊かな島」に子連れ海外旅行
週末プラス2日の、3泊4日の短期でセブ島沖の島に行ってきました。 カオハガン島という島です。 http://caohagan.com/ 52歳で仕事をリタイアした日本人の個人が、ダイビングでたまたま出会い、思わず買ってしまった東京ドームよりちょっと広いくらいの大きさの、綺麗な海と環礁に囲まれた島。 その島を買った経緯、...
乳幼児用品の安全性とリコールについて……国内メーカーのベビーカーが壊れました。
メーカー名はあえて書きませんが、国内メジャーメーカーのベビーカーを普通に押していたら、アームレストが折れました。 子どもが何らかの動きで、ちょっと体重をかけた拍子だったようです。 それなりに使用したあとだし、劣化してもしょうがないだろう、で買い換えて済まさずに、メーカーに問い合わせてみました。 リコールという表現こそ使...
都内でおすすめ!子連れでも入れるカフェ、レストラン3選
わが家の外食ポリシー これは子連れに限らず、基本的に私の考え方です。 1も2もお味。 3に安全、 4にシチュエーション、 5に値段 でございます。 平たく言うと、一人800円出してファミレスでまずいメシ食べるくらいなら、一人3000円出して、美味しいところで食べたいです。 でも一人5000円となると、それは非日常。 ま...